日本の (Japanese)

略歴
   Alkis Raftisはアテネで生まれた。彼の両親は共にナチスの統治下にあったギリシャでレジスタンスを率いた重要な人物でありました。アテネとパリにて4つの学位(工学・社会学・政治社会学・経営学)を取得、6言語に堪能です。アメリカの大手企業のエグゼクティブを勤めた後、パトラ大学(ギリシャ)、ドヒィーヌ大学・ソルボンヌ大学(フランス)で教鞭を執りました。他にも14の大学で講義を行っています。またラフティス氏はダンスに専念する前は国立銀行の副総裁を務めていました。
   彼はギリシャの村に古代より伝わる伝統的なダンスまた世界各国の伝統的なダンス、ダンスに纏わる文献・詩などの研究を積み重ねてきました。ラフティス氏はギリシャの古代ダンスやイサドラ・ダンカン、ラ・ベル・オテロなどの1900年代のダンサーの研究においては重要な権威を持っています。彼のダンスの歴史に関するギャラリーはダンスの研究家にとって貴重な資料となっています。現在は1900年以前の東地中海のダンスの歴史をテーマに研究をしています。
   ダンスや文化・経営に関する20以上の著作のほか 100以上の記事を現在までに発表しています。また30の本、11のCD-ROM、6のCD、DVD、レヴューなどの編集に携わっています。
   ラフティス氏は現在インターナショナル・ダンス・カウンシルCID-UNESCOの理事長であり、アテネのド-ラ・ストラトウ劇場の最高責任者でもあります。
プロフィールの詳細は以下のウェブサイトでも御覧いただけます。
http://alkis.raftis.org/
http://raftis.org/
 
 
略歴
 
両親と2人のいとこはナチス占領下ギリシャのレジスタンス活動の指導的人物であった。 6ヶ国語に堪能の他古典ギリシャ語、ラテン語にも造詣が深い。アテネとパリの大学より4つの学位(機械工学、社会学、政治経済、経営)をもつ。4つの大学にて教鞭をとる。他7カ国、12の大学にて講義を行う。国立銀行副総裁、グローバル企業にてチーフエンジニア・プロジェクトマネージャーなどの主要ポストを歴任。
 
 古代ギリシャダンス研究の権威であり、ダンスに関する詩の研究も行っている。イサドラ・ダンカンやラ・ベル・オテロの著名な研究家でもある。現在は東地中海の1900年以前のダンスについて研究を行っている。
 
20冊の本の書記し100以上の記事を執筆。これまでに30冊の本、11枚のCD-ROM、2枚のDVD、6枚のCDの編集にかかわっている。
 
 現在はギリシャ国立ド-ラ・ストラトウ劇場及びインターナショナル・ダンス・カウンシルCID-UNESCO (パリ) の代表・責任者。
 
ウェブサイト:           http://alkis.raftis.org/
                                     http://raftis.org/
Close Menu