アルキス・ラフティスについて

 
– 彼の家族は1860年より住んでいた。
– 両親と2人のいとこはナチス占領下ギリシャのレジスタンス活動の指導的人物である。
– 6ヶ国語に堪能。古典ギリシャ語、ラテン語にも造詣が深い。
– Greek Army Signal Corpsに2年間勤める。
– アテネとパリの4つの大学を卒業。
– 4つの大学にて教鞭をとる。他7カ国、12の大学にて講義を行う。
– 国立銀行副総裁、グローバル企業にてチーフエンジニア・プロジェクトマネージャーなどの主要ポストを歴任。
– 21冊の本の著者であり、28冊の本、 7つのCD-ROM、DVD、6つのCDの編集者。
– 32ページのダンス雑誌の編集者(1992より発刊数110)
– Worldcongressの主催者。その他多数の講義、ワークショップ、公演、フェスティバルなどを主催。
– ギリシャ国立ド-ラ・ストラトウ劇場及びインターナショナル・ダンス・カウンシルCID-UNESCO (パリ) の責任者。
Close Menu